代表・スタッフ紹介 > 湯浅 恵士

生まれ育った土地で、新しい仕事に挑戦できるよろこび。

湯浅 恵士 Keishi Yuasa

カマドのタコ
店長
2015年2月 入社
fatグループに入社した理由は何ですか?
私の生まれはこの施設のある日吉町なのですが、小学校の同級生である塩貝取締役総料理長はから声をかけてもらったのが入社したキッカケでした。以前は東京の飲食店で働いておりましたが、生まれ育った土地で新しい仕事に挑戦できるということも入社を決めた大きな理由でした。
この仕事をやっていてよかったと思う瞬間はありますか?
会社設立当初から携わっていることもあり、会社の業績が上がることや事業が拡大していくことが大きな喜びであると同時にこの仕事をしていてよかったと思う瞬間です。新たな業態に挑戦している姿勢も自身のモチベーションに繋がっています。
fatグループの魅力は何だと思いますか?
挑戦したいという熱意と計画性があれば、全面的に会社が動いてくれるところでしょうか。個々の想いが形になりやすい会社です。また、個性豊かな方が多いこともこの会社の大きな魅力だと思います。
会社、個人としての今後のビジョンを教えて下さい。
自分の成長=会社の成長という形を大切にしながら、今後はこれまで経験したことのない新しい業務にも挑戦していきたいと思っています。私は会社として利益を出すことはもちろんですが人との繋がりや人材を育てることが根本として重要だと考えています。それぞれが持っている才能を引き出し、あらゆる面で良い影響を与えていける存在でありたいと思っています。
湯浅さんから見た、石黒社長の人物像は?
人を惹きつける魅力があり、人との繋がり、ネットワークが広い方です。 常にいろんなチャンスを探していて、細かなことでも形にしていこうと動かれている印象を受けます。とにかく物事を形にする才能がある人だと思います。