代表・スタッフ紹介 > 塩貝 直起

10年、15年後でも今のメンバーが
“ この会社にいてよかった ”と言える会社でありたい。

塩貝 直起 Naoki Shiogai

取締役総料理長
2015年1月 入社
fatグループに入社した理由は何ですか?
石黒社長とは以前の職場で2年ほど一緒に働いていました。そんな中で彼が会社を興すということで声をかけてもらったのがきっかけです。私自身も少なからず独立願望を持っていたこともあり、立ち上げに携わることで自分としてもやりたいことができると思いました。
現在の業務内容を教えて下さい。
各店を回りながら、全体を管理する業務をしています。 スタッフがやる気を持って働けるための環境づくりをすることを日々心がけています。団体様のご予約が入っているときなどは、調理場やホールのフォローに入ることもあります。
この仕事をやっていてよかったと思う瞬間はありますか?
お客様の表情や会話から満足度が感じられるときでしょうか。 また、リピーターのお客様からのご予約は前回満足していただけたという証なのでよかったと思える瞬間です。 会話で直接伝えていただく感想より、お食事中の会話などで自然に出る表情や言葉こそがお客様の本音だと思っています。
fatグループの魅力は何だと思いますか?
べンチャー企業ということもあり、やる気と興味があれば仕事のチャンスが多くあることです。おそらく他の企業と比べてもその数は多いと思います。
会社、個人としての今後のビジョンを教えて下さい。
会社が益々発展していくことが一番です。同時に、10年、15年後でも今のメンバーが“ この会社にいてよかった ”と言えるようなそんな会社でありたいです。仮にそう思えているということは、会社がよい形で成功しているということだと思うからです。
塩貝さんから見た、石黒社長の人物像は?
知り合って10年以上経ちますが、その中で感じるのはチャンスをものにする行動力があるということです。 頭の回転がとても早く、ビジネスの組み立てのセンスがある人だと思います。